フェイスパックは持ち運び用のスキンケアとしてはもちろんのこと、お土産としても喜ばれるので旅行先などで購入する人も多いと思います。

 

しかし、飛行機に乗る際は手荷物検査などで様々な規定があるため、機内に持ち込んでもいいのか気になるものですよね。

「水分を多く含んでいるが問題はないのか」

「何枚なら持ち込んでもいいのか」

「成分によっては持ち込めないものがあるのではないか」

様々な疑問が出てくると思います。

 

そこで今回は、『フェイスパックの機内持ち込み』について、徹底解説していきます。

 

フェイスパックは機内に持ち込むことができるのか?

 

結論から言うと、国内線、国際線共に持ち込むことは可能です。

 

もちろんお土産としても多く購入されているのがわかる通り預け入れの荷物に入れるのも問題はありません。

 

しかしながら、国際線の場合は様々な規定があるため、枚数によっては持ち込むことが不可能な場合があります。

 

また、これらは航空会社によって多少規定が違う可能性が非常に高いので「この前は大丈夫だったから問題ないだろう」と安心していると没収されてしまう可能性もあります。

 

そのため、事前に航空会社の規定を確認しておく必要があります。

 

もちろん、国際線ほどではないものの国内線にも規定がありますので注意が必要です。

 

国内線はほぼ問題なく持ち込める!

 

国際線とは違い国内線は移動距離も比較的短いため、国際線で持ち込むのが制限されてしまうものも国内線であれば持ち込めるものが比較的多いです。

 

化粧品や飲み物など水分を含んだものには多少の規定があります。

 

1容器につき0.5Lまたは0.5kg、1人につき2Lまたは2kgまで持ち込みはもちろんのこと、預け入れも可能です。

 

フェイスパックは1つ数グラム程度ですので、この規定に含まれていたとしても余裕で持ち込むことが可能です。

 

しかしながら、気圧の影響でフェイスパックが破裂してしまう可能性も十分ありえます。

 

そのため、1枚でも持ち込む場合は透明のジップロックなどに入れて液漏れの防止をしておくのをお勧めします。

 

国際線は持ち込み制限にならない可能性が高い!

 

国際線は国内線よりも液体物の持ち込みがかなり厳しいため無理なのでは?と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、フェイスパックは「液体物」として見なされていないことが多いため、持ち込みが可能である航空会社がほとんどです。

 

フェイスパックの他にウェットティッシュやメイク落としシートなども同様に液体物として扱われないことが多いので、持ち込みが可能となっています。

 

しかしながら、出国先などによっては国によって規定が違う可能性も高く、日本から出国する際は問題なかったものが海外から帰る際に規定に引っかかってしまい没収されてしまう可能性もあります。

 

そのため、現地の規定もしっかりと確認してから持ち込むようにしてください。

 

預け入れでも薬事法で枚数制限があるので注意

 

韓国などの美容大国に行きフェイスパックをたくさん購入して帰る女性も多いと思います。

  

フェイスパックは液体物として見なされないためたくさん買っても問題ないと思う人がほとんどだと思います。

 

しかし、実は日本にある薬事法によって枚数の制限がかかっています。

 

薬事法で同一品目は24個以内という決まりがあります。

 

これは1メーカー24枚ではなく、フェイスパックとして販売されているもの、全てで24枚までということになります。

 

流石に機内持ち込みに24枚のフェイスパックを持ち込む人はほとんどいないと思いますが、配り土産として大量に購入してキャリーバックに入れる人は多いと思います。

 

よくある12枚入りのフェイスパックセットなどであれば2セット購入すると上限の24枚に達してしまう、ということになります。

 

もし、これ以上のフェイスパックを購入して国内に持ち込む場合は、商用ではないという旨を記載した証明書を用意しなければならない可能性がありますので注意が必要です。

 

ただ、24枚以上購入して持って帰ってきたけど没収されたことがない、またはそういった人が身近にいるという人もいるのではないでしょうか?

 

箱入りは1つとして計算する場合もあれば、バラ売りのものを24枚以上持っていても何も言われないし没収もされないということもあるようです。

 

規定はあるものの、人によって可能か不可能かも違ってくるようです。

 

しかしながら、規定の24枚以上かつ100枚近くなる場合は空港の職員の方に呼び止められたり、何かしらの検査やチェックを受ける可能性もあります。

 

そのため、持ち込む際には数枚程度に留めつつ数枚でもチェックを受ける可能性があると思っている方がいいでしょう。

 

紙製でないフェイスパックは注意が必要

主流のフェイスパックは紙製のものがほとんどですが、最近ではジェル状のものやシリコンタイプなど従来のフェイスパックとは違う素材を使ったものも多くあります。

 

そのため、珍しくてたくさん購入する人もいるかもしれませんが、ジェル状のものは液体物として見なされてしまうため、液体物の規定である100ml以内に納める必要が出てきてしまいます。

 

いくら商品名がフェイスパックでも紙製でないフェイスパックの場合、機内持ち込みができない可能性が非常に高いので注意が必要です。

 

免税店で購入した場合は海外での乗り換えに注意

空港, 検索の, 空港の, セキュリティ, 旅行するには, バッグ検索

 

フェイスパックはもちろんのこと化粧品などの液体物などは持ち込み制限がかかりやすいものです。

 

しかし、空港内の免税店で購入すれば持ち込みが可能なものも多くあるため、旅先で購入せず、免税店で欲しかったものを大量に買う人も多いのではないでしょうか。

 

しかしながら、乗り換えのある飛行機に乗った場合は、その空港で再び手荷物検査などがあります。

 

その際に預け入れ用のキャリーバッグなどにしまうことができなかった場合、没収されてしまう可能性がありますので、その点は留意しておきましょう。

 

さいごに

フェイスパックは自分が使うためはもちろんのことお土産としても非常に喜ばれるもののため、旅先で購入する人がかなり多いアイテムではないかと思います。

 

しかし、国内線はもちろんのこと国際線にも規定がしっかりとあります。

 

機内持ち込みの際にはしっかりと航空会社のHPなどで持ち込み可能な枚数などを確認しておくことをお勧めします。

 

特に国際線は国によっても規定が大きく変わりますので、安いからといって大量に購入するのは控えておく方がいいかもしれません。

 

また、免税店で購入する際など店員さんにどれくらいなら持ち込みが可能であるか確認しておくと安心できると思います。